Dollarphotoclub_64666864

生活総合ヨガインストラクター資格認定制度について

生活総合ヨガインストラクターは、厚生労働省認可法人のヨガインストラクター資格です。
生活に生かすヨガの普及を考え、企業様、ヨガの指導者、ヨガを実践されるすべての皆様の安心と安全を考え、厚生労働省認可法人で資格化されました。厚生労働省認可法人 職業技能振興会生活総合ヨガインストラクターの資格を活用し、身近な家族や地域、そして社会貢献にお役立てください。

◉生活総合ヨガとは
ヨガとは、ヨガマットの上でポーズするだけで無く、生活の中にヨガ(バランス)を活かしてこそヨガになるのです。= (イコール)生活総合ヨガ。自分の心身が健康になるだけでなく、家族や会社、地域と仲良く幸せに暮らして行く事が<生活総合ヨガ>になっていきます。

シニアヨガ(介護予防)・妊活ヨガ・マタニティヨガ・キッズヨガ(子供ヨガ)等 生活に活かせる、そして、心も身体も健康にし、総合的に伝えられるインストラクターになりませんか。

生活総合的なアドバイスが出来るヨガの専門知識と技術

ヨガの専門知識と技術を身につけたインストラクターでかつ、受講生の身体と心の健康を第一に考え「相手の身体と心に聞く」というアプローチ、その場や個々にあわせた指導と生活全般からアドバイスが出来るインストラクターを認定します。

上記インストラクターを目指した育成講座も開催しています。

家庭や介護の現場で役立つヨガの教え

体操、食事、心、呼吸、環境と幅広い視点からヨガを深めることができます。日々の生活に密着をした内容、実例により、身近な家族の健康づくりや仕事にも活用して頂ける内容です。心のケアや介護の現場にも、オススメ致します。

ヨガインストラクターとして活躍されている方へ

ヨガの資格や知識と技術はあるけど…生活や仕事になかなか繋げていけない。安全な指導とは。などのお悩みを解決するひとつとして、当資格の内容を再度学んでみませんか?当資格は、インストラクターとして大切な受講生とのコミュニケーションの取り方などもヨガの教えから学んでいきます。

また合格後のフォローアップ講座やインストラクターが共に学び、質を高めていく環境づくりを只今早急に進めております。

受験から合格までの流れ

① 財団法人職業技能振興会ホームページよりダウンロード

② 財団法人職業技能振興会に電話する。TEL 03-3353-9181

・願書提出期間内に必要書類(願書・受験票・写真2枚(縦3Cm×横2.5Cm))を提出。

・願書提出期間内に受験料を下記の振込先に振込(振込手数料は受講者負担) 受講料10,000円

・受験料振込先
三菱東京UFJ銀行 田町支店 普通2428409
財団法人職業技能振興会 ザ)ショクギョウギノウシンコウカイ

試験会場にて、筆記試験と実技試験を行います。

≪筆記試験≫

試験問題は、公式テキストの中から出題されます。
マークシートを使った選択問題になります。
(※公式テキストに記載されている問題は、演習問題として記載されています。)

≪実技試験≫

公式テキスト、「第2章ヨガの体操(アサナ編)」の中から、基本ポーズを中心に出題されます。
実技試験時間は、一人5分です。ポーズの効果・ポイント・ほぐし動作・逆刺激を必ず取り入れ、インストラクターとして指導ください。

・試験実施後、約1ヶ月をめどに合否を判定し、結果を通知。

・認定書発行料として別途4,000円を合格通知にて指定された振込先に払込。

合格後

生活総合ヨガインストラクター資格は、2年更新制の資格となっております。更新の際には、規定のスキルアップ講座が必須となります。
合格後、インストラクターとして自信をもって活躍していただけるよう、更新講座を通してフォローアップします。

受験資格

20歳以上であり、2年以上のヨガ経験があり、

下記のいずれかの講座を受講した者。

・ファミリーヨガインストラクター養成講座
・一般社団法人グローバルファミリーヨガ実施の受験対策講座
・および財団法人職業技能振興会主催の直前セミナー

生活総合ヨガインストラクター資格取得を目指そう!

グローバルファミリーヨガでは、生活総合ヨガインストラクター資格取得のための支援を行っています。

操体法生徒

ヨガ指導者養成講座

ヨガインストラクターを目指す方のための、ヨガ指導者養成講座。

ヨガの経験がなくても、ヨガの基礎からティーチングまでしっかりと学んでいただけます。

IMG_6487s

3日間試験対策講座

3日間の講座で生活総合ヨガインストラクターとして、すぐに活動できる基礎的な知識と技術を学び、試験の要点や対策にも対応していきます。

養成久恵先生

試験対策講習(直前セミナー)

生活総合ヨガインストラクター資格認定試験対策セミナーを行っています。

試験日前日に、試験の要点や対策をお伝えします。

生活総合ヨガインストラクター 試験日程

第4回 2016年3月21日(月・祝)

試験会場 東京・愛知

第5回 2016年10月10日(月・祝)

試験会場 東京・愛知

認定資格受講者の声

第2回「生活総合ヨガインストラクター試験」が行われた平成27年7月5日は、私の68歳目の誕生日。東京は降りしきる雨でした。

その試験制度ができたという葉書を受け取ったのが6月上旬のこと。即座に受験しようと思ったのは、現在私が受け持つ5つのヨガサークルの方々が、今まで受けてきたヨガの内容は、「厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会による認定資格」だと“安心”してくださるだろうという一心でのことでした。

私は36年間、福島県郡山市にある私立女子高等学校の教員として、60歳の定年まで勤務いたしました。あと1年で退職という年の4月から9月まで、東京神田の「ファミリーヨガ:インストラクター養成コース」に土曜日の休日を利用して新幹線で通ったのです。

その動機は「日本人である沖正弘導師という方が、ヨガのポーズのみならず、食事のこと、心の持ち方等を日本の伝統的な文化を加味して打ち立てたヨガらしい」ということに、奥深くて面白そうだと興味関心を持ったからです。その時は、退職後インストラクターとして活動するとは、ゆめゆめ思ったことはありませんでした。

しかし、それ以来、数々のご縁を得て、何ものかに導かれるようにしてとしか言いようのない、現在の私が在ります。

ヨガインストラクターの任は、かつて数学の教員として授業をしていたころに比べて、更に身体全体での実践を伴う意味で新鮮で、ただ楽しく、未熟であっても「我が足らざりしきことを嘆くよりも、実践ありき」とレッスン内容を考えて動き、その反省のもと、改善しようと記した大学ノートは18冊になりました。それもまた、愉しくてなりません。

白紙状態の私の教えを導いてくださった石井三郎先生、久恵先生には、ひたすら、ご恩と感謝の念を抱き続けています。ありがとうございます。合掌。 (N.T様)

公式テキスト

book

生活総合ヨガインストラクター資格認定試験、資格認定研修プログラム用の公式テキストです。
生活総合ヨガインストラクターに必要な知識を体系づけて分かりやすく記述しており、すでにヨガインストラクターとしてご活躍の方のみならず、一般の方が知識を身に付けられるように配慮したテキストです。

厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会